スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

母のようになれるかなぁ

 私は同じ会社を3回クビになった経験があります。後から考えると、学校出ただけの私は、頭でっかちできっと、全然役にたたなかったのだと思います。「くびだぁ~!」と言われると、さっさと荷物を、
まとめ「お世話になりました。」と何故か3回も同じ事を繰り返しました。笑っちゃいますよね!
でも、その時の私は真剣で自宅に帰るなり「これこれで、くびって言われた!」と母に言いました。
母は「かわいそうにねぇ。そんな所辞めちゃいなさい!」と話をようく聞いてくれるのです。その時は
「そうだそうだ。あんな所辞めてやる!」と思うのですが、時間が経つにつれて自分に悪いところがあったのではと、いろいろ考えて、朝まで眠れませんでした。しかし、あれだけの事を母に言って 母も辞める方向で考えてくれているのに今さら・・・どうしよう?!
  そうだ!このまま起きて、母が起きて来ないうちに家を出よう。そして、会社に1番で行って、
「昨日はすみませんでした。」と謝ろう。
そう、決めた私は部屋をそっと出て 居間を通りぬけようとすると 母が「おはよう!お弁当そこに出来ているわよ」といつもの朝の会話が返って来ました。母は私に何も聞きませんでした。まるで、昨日何もなかったかのように、私はその弁当を持って会社に行きました。
会社では、1番乗りで着いたつもりでしたが、何故か社長が泊まったらしく、私が「おはようございます」と言うと「お茶を入れて下さい」と言いながら嬉しそうでした。後から聞きましたら少し言い過ぎたと心配していてくれた みたいです。
しかし、こりない、いえいえ進歩のない私は、なんと同じ会社をそれから、3回もくびになるわけで・・・
もちろん、4回目はなく、それからはきちんと勤めさせて頂きました。今でも 社長にはいろいろとお世
話になっています。
あの時の母は、たぶん心配で眠れなかったのだと思います。そして、私が起きてきたら、何もなかったように送り出せるよう考えていたのでしょう。それも3回も・・・
母とは偉大です。こんな母のように、いつか私もなれるのでしょうか!
おかあさん大好きです!感謝です。こんな、私ですが、これからも見守っていて下さいね。
あ・り・が・と・う
スポンサーサイト
22:44 | 2093年のあなたへ | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。