カマンベールチーズケーキが出来るまで

ダンテの商品に
「北軽井沢のチーズ小屋より 高橋おじさんのカマンベールチーズケーキ」
と言う、なが~い名前の商品があります。
 なぜ、こんななが~い名前になったか!をお話します。

今から5~6年前にさかのぼります。
ある、乳業会社の社長を引退し会長になった、高橋さんは言いました。
高橋    「ダンテをわが街に作りたいのですが」
オーナー 「高橋さんがダンテをやって下さるのなら その前に 
      是非、チーズを作って下さい!日本のクリームチーズはまだまだです!
      良質のクリームチーズを作って下さい。」

こんな、話のやり取りから 高橋さんは友人のチーズ工房でチーズ作りを習い
チーズを作ることになったのですが、何故かクリームチーズではなく、最初に
教えてもらったのが カマンベールチーズでした。
作り方を修得された高橋さんは、自宅から車で2時間弱の
ジャージー乳牛牧場のすぐ隣、北軽井沢にチーズ工房を構えました。
高橋さんはチーズ工房までの道のりを、毎日毎日いとしい恋人に会うように通って
カマンベールチーズにきれいな白カビがビロードのように生えるのを
楽しみに作ってくれました。
…なんて、一言で言ってしまいましたが
この距離を毎日かかすことなく、通うのは本当に大変なことと思います。
高橋さんにそれが出来たのは、物作りの喜びや楽しみを知っているからだと思います。
試行錯誤の結果 今ではどこにも負けないジャージー乳で作ったカマンベールチーズが出来たのです。もちろん熱処理はしていませんから、生きたカマンベールです。
オーナーも私も嬉しくてすぐ商品にすることにしました。
そこで、付けたネイミングが
「北軽井沢のチーズ小屋より 高橋おじさんのカマンベールチーズケーキ」です。
こんな高橋おじさんの愛情たっぷりのカマンベールケーキを一度
食べてみて下さい。
な~んか 今日は宣伝になっちゃいましたね!
でも、このカマンベールは高橋さんとオーナーの友情からはじまって出来た
ので、ちょっと自慢なんです。
カマンベール
18:41 | 2093年のあなたへ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
気持ちいいです | top | 帰省は 手ぶらで!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://dantecheesecake.blog81.fc2.com/tb.php/16-b94cfbf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)