スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

春ですね!

昨年の秋、突然変な枯れ方をした、山椒の木を植え替える時期でもないけれど、
植え替えてしまいました。
だめもとで植え替えたものの、心配と期待で毎日眺めていました。
そうしたら、10日程前、何か枯れた木の先に見えてきたと思ったら、
アット言う間に、新芽があちこち一斉に出てきて、「アーたすかったんだ!」と
思ったらうれしくてうれしくて。
なんか、自然ってありがたいですね!
  
 毎年、この時期が来ると、有難くてでも、大変な時期が来ます。
それは、竹の子です。いろいろな方々から、毎年、大好きな、竹の子を
沢山頂きます。それは、とっても、嬉しい事なのですが、竹の子は、採りたてを
すぐに、茹でないと灰汁がすごくて食べられなくなります。
だから、頂いた日に、すぐに茹でるのですが、茹で終わったとホットする間もなく、
すごい時は、茹でている最中に頂く事もあります。(笑)
今年も、熊本の実家の竹やぶで取れた大きな竹の子が届きました。
何年か前は、取れたてを、そのまま送ってきたのですが、実家の竹の子は
ちょっと、信じられないほどの大きさで、茹でる鍋も一番大きなものでも、
一本ずつ茹でるしかなく、大変でした。
ただ、今は熊本の姉が、何本もいっぺんに、ドラム缶のようなもので、
みんなの分を、茹でて送ってくれるので、本当に感謝です。

   のでので、今日は、「筍の木の芽和え」を作りました。



レシピ:筍は間の糠をきれいに、洗い流し、薄切りにして水気をキッチンペーパーなどで、拭っておく。
     山椒の柔らかい葉を、あたり鉢であたり、そこに、
     味噌3 砂糖2 日本酒1の順にあったた山椒の中に加えて
     最後に筍を合わせる。
     その日、すぐに、食べてもいいけれど、残ったものを、次の日に
     食べましたが、それは、それで、まろやかになって、美味しかったです。
     皆さんも、春のお味を召し上がれ!
15:40 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
本当の親切 | top | 2093年のあなたは、どうお過ごしですか?

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://dantecheesecake.blog81.fc2.com/tb.php/3-5327d1f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。