スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジャンケンの神様

 年末ジャンボ宝くじを売り出す この、季節が来ると思い出します。
何年か前になりますが 私、500人ジャンケンで勝ったんです
ある、業者主催の慰安旅行があってその席でビンゴゲームとかetc・・・まだ、商品があまっているとかでしたが
そろそろ、宴も最後な感じで、みんな それぞれに話はしているは、酔っ払っているはで、ワイワイガヤガヤでした。
その時、主催側の方がステージの上で
「最後の大イベント。商品は○○です!500人でジャンケン大会をはじめます」
この、言葉に何故か500人のこころひとつになったのでした。あの時の、あの空気はあの場所にいた方しかわからない不思議ものでした。
まずは、全員が立ち、ステージ上の彼の出したジャンケンに負けた人は座る。というものでした。
私は、ちょっとお酒の力も借りて楽しくて 恥じらいもなく 大きな声で「ジャンケンポーンと楽しんでいました。
何故かこの日はとってもついていてドンドン勝ち抜いていきました。
私は相変わらず「ジャンケンポーン」と、大きな声で楽しんでいましたが、ふと、まわりを見ると殆んどの方が座っていて、私が大きなこえを出す度に私が勝ったのを確認すると、「オ~」と言い出し注目している人がだんだん 増えて行き、とうとう5人になってステージに上がることに・・・こんなになってきたら、普通ドキドキでしょうが、何故かあの日は楽しくて、相変わらず
おおきな声で「ジャンケンポーン」と、そして2人になりました。
何度かアイコをして、その度にオ~と・・・
そして、なんと私が1等賞になりました
最後の2人になった時相手の方は皆が私を応援しているのを感じてアイコがでる度に「負けたい」と思ったとか・・・大きな拍手を頂き、これで終わりと思ったとたん沢山の方が私の周りに来られて 次から次に握手を求められ、ある方は宝くじを持って握手を・・と私でご利益があったかは わかりませんが、間違いなく あの日は
私にジャンケンの神様がおりているのを みんな、感じていたのでしょう。
何かで1等賞を頂くのは うれしいものですが、皆さんが1つになった感動がたまりませんでした
ちなみにあれからの私にはジャンケンの神様はおりてきません
11:15 | 2093年のあなたへ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
黒豆の赤ワイン煮チーズケーキ | top | 笑う門には客来たる

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://dantecheesecake.blog81.fc2.com/tb.php/51-d23a9ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。