トイレの神様は父??

これは 私の友人の本当にあった おはなしです。
商人の家に 生まれた彼は まるで自分の仕事のように 毎日トイレ掃除をするのが日課でした。
彼はトイレを柄のついたブラシで きれいに掃除をすると、タオルで きれいに拭きあげて、
その後、ブラシもタオルも これ又 きれいにピカピカに洗い
南側のよく陽のあたるお風呂場の外に毎日干していました。
ある日 トイレのブラシが 痛んできたので 新しいブラシに買い替えました。
そして今日も又、きれいに掃除をしました。
 夜になって お父さんがお風呂から 出ると
「ブラシが新しくなったネ!馴染むまで少しかかると思うけれど とても気持ち良かったヨ」うれしそうに首にあのタオルを巻き 立っていました。

 

意味がわかりますか?
お父さんは毎日 トイレのブラシとは知らずお風呂で体を洗っていたのです。
そして、たぶん首にかけていたと 言うことは、あのタオルで拭きあげていた??
つまり、ピカピカに磨きあがったのは 父 
これは、お父さんには ひみつの 話だそうです。
23:05 | 笑話し | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
今日はお月見 | top | 飲むチーズケーキの文字が

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://dantecheesecake.blog81.fc2.com/tb.php/69-851ac5ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)